きがついたら

 最近、タイトルが漢字一文字シリーズになっていました。それほど意識してる訳ではなかったのですが…こうも続くと飽きてきます…

 先日、数年ぶりに技工学校の同級生と連絡を取りました。彼とは卒業してからも何度も釣りに行ったり連絡を取り合っていたのですが、ここ数年はすっかりご無沙汰気味でした。久しぶりに話をした彼は、以前よりも何処か頼もしい感じがしたので、現在のポストを尋ねてみると、社内的にかなり出世して、日々頑張っているのが伝わり、なぜか自分の事のように嬉しく思いました。彼が入社したころ失礼かもしれませんが、それほど大きな会社ではなかったと記憶しています。大きくすることが必ずしも良いと思っている訳ではありません。ただ、多くの信頼をつくりあげ、会社が発展して行くのに大きく貢献していたのだろうと感じ取れました。青春時代からの友の歩が、積み重ね、積み重ね、創り上げて来た彼の背中が、私に新たなやる気を起こしてくれました。

 

Leave a Comment